AGA治療薬について

 

AGA治療で人気の病院ランキング※AGA治療の効果・副作用は?

 

AGAは男性性脱毛症のことを言います。主な原因として考えられるのは遺伝や男性ホルモンの働き過ぎ、ストレスや睡眠不足といった生活習慣があげられます。AGAは進行性で、思春期が終わるころから徐々に進んでいき、薄毛やはげが目立つようになるのは40代に入ってからとなります。ある程度薄毛が進んでしまうと治療も時間がかかり、経済的にも負担になってくるので、髪の毛が薄くなっている、短い毛ややわらかい毛が抜ける、ということがあったらはやめにAGA専門のクリニックに相談に行くようにします。

 

AGA専門クリニックでは触診や視診、血液検査、頭部撮影の他、薬の処方を行っています。AGAの治療薬で有名なミノキシジルとプロペシアが処方されることが多く、1度に約1か月分が処方されます。薄毛の程度により、どちらか一方のみとなることもあります。

 

AGAに効くとされているミノキシジルは頭皮につける外用薬と内服薬があります。血行促進の効果があり、血管を広げる薬としても使われています。血行促進の効果があるため頭皮にも栄養が行きやすく、発毛を促す働きがあります。副作用は頭皮のかゆみやかぶれ、多毛症、にきび、肌荒れなどがあり、塗るタイプのものを使用する場合はその濃度に気を付けるようにします。肌が敏感な場合は1%のものを使用すると安心でしょう。

 

プロペシアは男性ホルモンである、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があります。はげや薄毛は男性ホルモンが大きく関与しており、プロペシアを内服することで、脱毛を抑えることができます。AGAはヘアサイクルが短いため十分に髪の毛が育たず抜けてしまうので、ヘアサイクルを正常にする働きもプロペシアにはあります。副作用は性欲が減退したり勃起不全、EDになったりします。ですが副作用が出る頻度は極めて低く、比較的安全な薬となっています。なお、プロペシアは子どもや妊婦が触れてしまうと生殖器に障害がでることがあります。取り扱いには十分注意します。

多くの男性の方がAGA(男性脱毛症)で悩んでいます。

 

AGA治療で人気の病院ランキング※AGA治療の効果・副作用は?

 

AGAは年齢に関係ないので、若い方から幅広い世代の方が悩んでいます。そんなAGAの症状の一つが抜け毛です。しかし、一言に抜け毛と言ってもその症状は様々です。抜け毛の進行の仕方は主に3パターンあります。

 

まず一つ目が頭頂部から抜けていくパターンです。こちらは前髪、横髪はそのままなので割と気づかないことがあります。特に背の高い方だと、立っていると周りの方からは見えず気づかれづらいです。逆に背の低い方だと、自分より他人の方が気付いている場合があります。ご自分で触ってみて、ようやくわかるという方もいます。このパターンは頭頂部から進行し、次第に前髪部分、額の生え際も抜けていき、つづいて後頭部にまで進行していきます。

 

二つ目が額の生え際から進行するパターンです。M字型にどんどん進行していき、続いて頭頂部、後頭部にかけてと前から後ろに進行していきます。こちらは自分でも気付きやすく、そのため早くから気にされている方が多いです。

 

三つ目が前頭部から進行していくパターンです。二つ目のM字型と違い、額の生え際全体が薄くなっていきます。そして頭頂部にまで進行し、続いて後頭部にまで進行していきます。

 

どのパターンも割と横は残ったままで、前頭部、頭頂部、後頭部が抜けます。そして進行の仕方こそ違うものの、進行するにつれ最終的にはほぼほぼ同じようなヘアスタイルになります。しかし、これはあくまで一般的なパターンにすぎません。悩んでいる人の数ほど進行の仕方、進行の速度は千差万別です。若いうちに一気に進行することもありますし、ある程度で進行が落ち着くこともあります。AGAの原因自体が人によって異なるので、その状態も様々なのです。ですから治療の仕方も人それぞれあります。もし、AGAでお悩みなら自分で諦めたり、決めつけたりせずに一度お医者さまに相談することをおすすめします。

AGA治療の費用について

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる症状で、医療機関で治療を受けることによって改善することも可能です。現在は数多くの医療機関がこのAGA治療に取り組んでおり、AGAを専門的に取り扱っているクリニックも多数登場しています。

 

医療機関を受診するにあたって気になるのは、やはり治療費に関することです。AGAの症状が現れている人にとっては、薄毛や抜け毛は大問題となりますが、それ以外の人にとっては命にかかわるほどの重大な症状とは言えません。それゆえに健康保険の適用を受けることができないため、治療にかかる費用は全額自己負担、いわゆる自由診療になってしまいます。

 

自由診療であるからには、各医療機関で請求される金額にもばらつきがあります。自由診療になると各医療機関が独自に料金設定をするため、使用する機器や検査内容、実際の治療法の違いによって料金が異なってくるのです。もちろん一般的な相場というものは存在し、月々の治療費は1万円から3万円程度とされています。

 

この料金は受診する医療機関の種類によっても違いが現れ、一般的な病院を受診した場合は月々1万円から1万5千円程度、AGA専門の病院を受診した場合はひと月当たり3万円程度の治療費が必要になります。この違いは検査内容や診療方法の違いによって生まれるもので、専門病院のほうが検査内容が多岐にわたり、処方される薬の種類や通院回数が多くなることなどが原因となります。

 

つまりよりきめ細かい対応をしてくれるぶん、料金も高くなるというわけです。
AGAの治療で使用される薬は、基本的には長期間にわたって使用し続けないと効果が見極めにくいものです。したがって治療期間が長くなることはまず避けられません。息の長い対応を覚悟するためには、治療費の負担については十分に考慮しておく必要があります。お金に余裕のある人は別として、そうでない人は治療費についても熟慮したうえで受診する医療機関を選択したほうがいいでしょう。

プロペシアにもジェネリックがある?

いま、男性の間ではAGAに悩んでいる人が少なくありません。
毛が薄くなっていくことで、自信喪失につながることもあり、大きな問題となりつつあります。
AGA治療としては、かねてよりプロペシアが治療薬として知られています。
効果が見られた例もあり、AGA治療薬としては、一定の評価がなされています。
ただ、AGA治療は長い期間に及ぶものですので、薬代の負担も少なからぬものがあります。
プロペシアは効能が期待できるだけに、価格も安くはありません。
長期にわたっての使用は、コスト負担も多大のものがあります。

 

そこで、プロペシアのジェネリックが、注目されています。
プロペシアのジェネリックは、世にたくさん出てきています。
驚くほど安い値段で、プロペシアの有効成分を服用することができますので、評価する声が高いです。
もちろん、定評のある製薬会社が製造したジェネリックですので、信頼感も十分です。
効能や安全性などの点についても問題はありません。
品質管理の行き留いた工場で生産されたものです。
代表的なプロペシアのジェネリックとしては、フィンペシアがあります。
インドのジェネリック製薬会社で作られたものです。
男性ホルモンDHTを抑制することによって、脱毛を予防するというメカニズムを有しています。
これは、日本皮膚科学会でAGA治療薬としては、推奨度Aにランクされているものです。
推奨度Aとは、使用を強く推奨する、という意味が込められています。

 

ほかにも、プロペシアのジェネリック医薬品として、エフペシアが有名です。
エフペシアも、男性型脱毛の原因となるDHTの生成を阻害する働きで、脱毛を予防するものです。
1997年にアメリカFDAで承認されて、即、世界の60ヶ国以上で承認されました。
もちろん、日本でも承認されています。
エフペシアも、日本皮膚科学会でAGA治療の推奨度Aに指定されています。
さらに、コストメリットの点では、非常に大きなメリットがある製品としても知られています。

女性の薄毛「FAGA」の原因・症状・治療方法について

薄毛や脱毛に悩む人は男性だけではありません。女性も薄毛に悩む人は増えてきており、専門の治療院の利用者も多いです。男性型脱毛症はAGAと呼ばれ、男性ホルモンの影響が大きく関係しているといわれています。この症状は女性にも起こる可能性があり、このAGAによく似た毛髪の抜け方をする、女性の脱毛症を女子男性型脱毛症、FAGAと呼び、区別しています。女性版のAGAというわけです。

 

女性の場合、頭皮全体が薄毛になる、びまん性脱毛症を発症することがおおいのですが、FAGAは、年齢を重ねるごとに前額部や全町部から徐々に薄くなっていくのが特徴です。生え際の後退やつむじの周りが薄くなっていきます。FAGAの原因としてあげられるのが、女性ホルモンの乱れや男性ホルモンの働き、老化、生活習慣の乱れ、ストレスです。これに加え、無理なダイエットや過剰なヘアカラーやパーマ、ピルの服用などが原因となっていると考えられています。女性にも男性ホルモンの働きが影響する、というのは意外な感じがするかもしれませんが、加齢によって減少した女性ホルモンの働きが男性ホルモンに負けてしまうことでFAGAの症状が起こります。更年期を迎えた女性に多いといえます。ただ、FAGAは若い女性にも見られ、偏食による栄養不足やストレスの増加が起因していることが多いです。

 

ですから症状を改善するには、AGAと同じように育毛剤や発毛剤の利用、それと同時に生活習慣の改善が必要となってきます。ただ、症状や原因は人によって異なるため、自己判断で使用した薬剤によって症状がさらに悪化することは考えられます。間違った対処をしないようにするために、適切な診断をしてくれる専門医に相談することがおすすめです。FAGAはAGAに比べて認知度も低く治療院も少ないですが、女性の薄毛治療を専門とする医師に診断を依頼することで、適切な処置が受けられ、早く症状が改善する期待が持てます。